頭皮がしみて痛くなるヘアカラー問題の1つの解決策

ヘアカラー

「ヘアカラーをすると頭皮が
しみて痛くなるのが嫌」

重度のアレルギーで
染める事ができないという
わけではないけど

ヘアカラーをすると
どうしてもしみてしまうという方は
とても多いです。

解決策としては

ヘアカラーをする前に保護オイルを
しっかり塗ってから染めていく

ヘアカラー当日のシャンプーは
しないでおく

などがあるのですが

体調によって左右される
場合もありますし

基本的には体調が悪い時や
生理の時、アルコールを飲んだ状態
などは控えた方が良い

しみて痛くなるのが嫌で
本当はヘアカラーを楽しみたいけど
諦めてしまう方も多いです。

そんな方の為の1つ解決策

根元を染めずに活かすヘアカラーの
ご紹介です。

根元プリンを活かすヘアカラー

染める前の状態です。

前回カラーから2ヶ月経って
根元は暗いのですが

そんなに根元プリンが目立つ
わけではなく

むしろ、
染まってる部分と染まってない部分の
境目がわからないようになってて

グラデーションカラーみたいで
オシャレな状態に

これが根元を染めずに
活かすヘアカラーの2ヶ月後です。

この様にアルミホイルを
使ってヘアカラーをしていき

染める部分と染めない部分を
分けて染める、ハイライトや
ローライトを組み合わせて染める事で

伸びてきても馴染んで見えて
根元プリンが気にならない状態に

なおかつ、
根元にヘアカラー剤をつけると
しみて痛くなる人は

このやり方だと根元にヘアカラー剤を
つけずに染めれるので

しみて痛くなる心配も
無くなるんですよ。

アフター

根元は染めてないのに
まるでそのまま生えてきたかの
ような仕上がりに

ヘアカラーがしみて痛くなるからと
オシャレを諦める必要は
ありません

やり方を工夫すれば
解決できますよ。

しかも、
このやり方のヘアカラーは

根元プリンが気にならず
長持ちするヘアカラーとも
言えるんです。

マイナス要素をプラスに
変えてヘアカラーを楽しんで
みてはどうでしょうか?



お問い合わせ


ご予約について詳しくはこちら
↓↓↓↓↓↓
ご予約、ご相談

ご予約はLINE@
おすすめさせて頂いてます
各種SNSでもお気軽にご連絡ください。

☆ご予約、ご相談専用LINE@☆
↓↓↓↓↓↓

ご予約、ご相談は
こちらLINE@


Trait share salon
〒541-0056
大阪市中央区久太郎町4-2-5
中甚ビル3F

TEL080-3836-7767

営業時間
平日10 : 00〜20:00
土・日・祝10:00〜19:00
時間外予約も相談可

定休日
不定休

最寄り駅
大阪本町駅徒歩1分

駐車場の有無
駐車場はございません
お近くのパーキングにお止め下さい

大阪府大阪市・本町美容室
trait Share Salon【トレイトシェアサロン】
ヘアケアカラーデザイナー

2019年2月より本町駅徒歩1分『trait Share Salon』にて独立。ヘアケアカラー特化型美容師。ヘアカラー、ヘアケアに特化し髪の毛を綺麗にしながらヘアカラーも楽しんで頂けるような施術を心掛けさせて頂いてます。上質な質感のカラーと明るい白髪染めが得意です。カットは顔周りの似合わせと小顔に見せる質感調整を。来て頂いたお客様に技術はもちろんそれ以外の面でも楽しんでいただき、美容室に来るのがお客様にとって楽しみになるように心がけています。