せっかく暗く染めても直ぐに明るくなってしまう?その原因もしかしたら〇〇かも

ヘアカラー

美容室に通われている多くの方が
ヘアカラーリングを
楽しまれている今の時代

昔はダブルカラー
(その日に二回髪の毛を染める技法)
などをしないと叶わなかった色味が

1度のヘアカラーでも叶うような
新しいカラー剤
などが毎年

アップデートされ世に出て
お客様の選択肢も幅広くなって
来ました。

そんなヘアカラーなのですが

「その日の仕上がりは気にいるけど
直ぐに明るく色落ちしてしまう」

「いつも暗めに染めているのに
直ぐ色落ちしてしまうから1カ月に
1回は染めに行ってる」

そんな風に悩んでいる方は
とても多いんですよね。

ヘアカラーの色持ちが悪い原因は
様々な要因が重なり起きてしまう
事なのですが

美容室でのヘアカラーのやり方
その後のケアの仕方などでも
かなり変わってくるんですよ。

放置時間とアフターケアを適切する事が色持ちの鍵

染める前の状態です。

いつも自毛に近いような
ほんのり茶色みたいな暗さに
染められているのですが

直ぐに色落ちしてしまうとの
事でネットで色々調べた結果

僕のブログに行き着きご来店
下さりました。

ヘアカラーの色持ちを
良くする為には

やはり、
お家でのシャンプーの仕方や
乾かした方など

ホームケアはかなり重要
なのですが

色々とお話しを聞いていると

美容室でのヘアカラーのやり方に
少し問題がある事が
分かったんですよね。

それが、

ヘアカラー剤が塗り終わってから
シャンプーするまでの時間が
圧倒的に短かった事。

長く時間を置けば良いという
わけではないのですのですが

髪の状態などに合わせて適切な時間を
時間置くという事は

色持ちや髪のダメージ具合に
かなり影響を与える事に
なるんですよ。

そして、そこにプラスして

ヘアカラー剤が髪に残らないように
ダメージ要因になる原因を徹底的に
除去してあげる処理剤を使用します。

全ての施術にこだわり抜いて
ヘアカラーリングをする事で

色持ちの良い長く楽しめる
ヘアカラーを叶える事が
できるんですよ。

アフター

仕上がりの状態です

お急ぎだったので
髪をくくりかけてる
写真しかありませんが

ほんのり茶色さが
感じられる暗染に大変身です。

トーンダウンが上手くいかなくて
悩まれているお客様はとても多いですが

しっかりとカウンセリングで
仕上がりを共有し、適切な
薬剤を使えば理想は叶いますし

髪の状態に合わせた放置時間
正しいカラー後の処理剤の
使用でケアをしてあげれば

色持ちも良くなり、その後の
ダメージも少なくできます。

ヘアカラーの色持ち、その後の
扱いやすさが上がれば

何度もヘアカラーをして
髪の毛を傷めることも
無くなりますしね。

上質なヘアカラーを手に入れて
長くヘアカラーを楽しみましょう



お問い合わせ


ご予約について詳しくはこちら
↓↓↓↓↓↓
ご予約、ご相談

ご予約はLINE@
おすすめさせて頂いてます
各種SNSでもお気軽にご連絡ください。

☆ご予約、ご相談専用LINE@☆
↓↓↓↓↓↓

ご予約、ご相談は
こちらLINE@


Trait share salon
〒541-0056
大阪市中央区久太郎町4-2-5
中甚ビル3F

TEL080-3836-7767

営業時間
平日10 : 00〜20:00
土・日・祝10:00〜19:00
時間外予約も相談可

定休日
不定休

最寄り駅
大阪本町駅徒歩1分

駐車場の有無
駐車場はございません
お近くのパーキングにお止め下さい

大阪府大阪市・本町美容室
trait Share Salon【トレイトシェアサロン】
ヘアケアカラーデザイナー

2019年2月より本町駅徒歩1分『trait Share Salon』にて独立。ヘアケアカラー特化型美容師。ヘアカラー、ヘアケアに特化し髪の毛を綺麗にしながらヘアカラーも楽しんで頂けるような施術を心掛けさせて頂いてます。上質な質感のカラーと明るい白髪染めが得意です。カットは顔周りの似合わせと小顔に見せる質感調整を。来て頂いたお客様に技術はもちろんそれ以外の面でも楽しんでいただき、美容室に来るのがお客様にとって楽しみになるように心がけています。