今更【ラ・ラ・ランド】を見て泣いた話

もう3年も前になるのかと
時の流れの早さを感じますが

『ラ・ラ・ランド』

「ラ・ラ・ランド」本予告

この間地上波で放送
されていたので

今更なんですが
今日はじめて見て

泣いちゃいましたね(笑)

まあ、
あれほど話題になった映画なので
勿論評価も賛否両論色々ありますが

個人的にとても面白く
見る事ができました。

恋愛映画と思いきや

ラ・ラ・ランド(予告編)

「観るもの全てが恋に落ちる、
極上のミュージカル・
エンターテイメント」

キャッチコピーから
安易に僕はよくある系の
恋愛映画のミュージカル版

くらいに思っていたし

実際、恋愛映画なのは
そうなのですが

ただ、の恋愛映画では
無いんですよね。

(ここからはふわっと
ネタバレ要素もありますので
あしからず)

簡単にあらすじを言うと

女優になる事を夢見て
大学も辞めてしまい

カフェでアルバイトをしながら
オーディションを受けては
落ちるという日々を過ごすミラと

将来は自分のジャズバーを開くのが
夢だけど現状は

売れてないジャズピアニスト
セブとの恋愛映画。

そんな感じの内容になるので
もちろん恋愛映画といえば
そうなのですが

2人の恋愛模様にプラスして

お互いの夢を叶える為の
日々の葛藤や憂い

パートナーがお互いに
特別な何者かになるという
夢があるが故のスレ違い

2人の夢についてかなり
フォーカスされた内容に
なっているので

夢とは何か?
夢を叶えるとはどういう事か?

プライベートの充実と
仕事の充実のバランス感とは?

そんな事を改めて
考えさせられる内容でした。

夢を叶えるという事の難しさ

ミアは何度も何度もオーディションを
受け続けているのですが
それはなかなか報われません。

こういったところに
自分自身を重ねて
泣いてしまいますね(笑)

努力をしたってそれが
必ず報われるわけでは
無いですよね。

「コレを続けていても
どうにもならないんじゃ無いか?」

「自分より凄い人はいっぱい
いるから努力をしても無駄では?」

そんな風に中々結果が
出てくれないと
自分の事を疑ってしまいますよね。

物語後半で1度は
心が折れてしまうミア

何かに挑戦し続けて
中々結果が出ない中でも

トライアンドエラーを
繰り返して成功に
近づいていくという事は

言葉にすると簡単な様に
感じるのですが

実際、
日々先行きが分からない中で
努力をし続けるという事は

メンタル面でかなり
自分に負荷もかかる事。

社会的な成功と本来の理想の自分とのギャップ

一方でセブは物語中盤で
自分の所属してるバンドが
売れる事ができ

社会的な成功を手に入れます。

しかし、
それは本来のセブの夢である

自分のジャズバーを持つという
夢とは違うし

演奏している音楽も
セブの大好きなジャズでは無く
シンセサイザーなどをつかった

ポップな音楽での成功。

コレってどんな職業の人でも
当てはまる様な所ってあると
思うんです。

収入面を追い求めたり
周りからの評価を求めた結果

本来の理想の自分から
どんどんと離れていってしまう。

しかも、
それが恋人との生活面での
安定を考えた選択でもあるのに

その恋人にその事を責められるという
なんとも辛いシーンがあり
泣いてしまいます(笑)

ラストシーンにビックリと夢を追いかける事とプライベートの充実の両立の難しさ

"La La Land" – Last Scene

とにかくラストシーンが
僕的に予想してなかった
展開だったので

とてもビックリしましたし
とても切ない気持ちに
なりました。

何かの分野で特別な者に
なるという事は

もちろん大変で難しい事なのですが

それに加えて

パートナーとの幸せ、
2つを同時に手に入れる難しさ

そんな事を突きつけられた
様な気持ちになりますし

幸せとはなんなんだろうなと
思わされる内容でしたね。

まとめ

何かで成功するという事は
本人の努力にプラスして

チャンスのタイミングや
本人ではどうしようもない
部分も関わってくるし

何かで成功するために
少なからず犠牲に
なるものが出てくる?

それがラ・ラ・ランドでは

パートナーとの幸せに
なってしまうのですが。

最後のセブの演奏シーンから

もしも、セブが自分の夢を
諦めてミアと一緒にパリに
行ってたらという

幻想シーンと最後のセブの
辛そうな微笑みは
涙無しでは見れませんでした(笑)

しかも、

ミアは結婚もして子供もいて
女優としても成功したのに

セブは、
自分のジャズバーを持つという
夢は叶えれたけど

パートナーは居ないし

自分よりピアニストとしての
才能があるピアニストを
雇っているという部分も

なんとも言えない気持ちを
加速させるんですよね。

もちろん、

家庭がある、パートナーが
いる事が必ずしも
幸せだという事では無いと

僕は思いますし、
幸せの定義は人それぞれですが、

前述の通りセブの
悲しげな微笑みを見ると

自分の夢と誰かと愛のカタチ

どっちの方が大切だとかは
言えないけど

切ない気持ちになり
色々と、考えさせられました。

それでも、
2人は自分の夢は叶える事も
できたし

(セブは8割くらいなのか?)

凄く後味が悪いわけでもない
終わり方なのですが

なんとも言えませんね(笑)

何度でも見たくなる映画です。

ちなみに、
音楽が作品の世界観をより
表現してくれているし

カラフルなミアの服装や
映像は見ていてとても綺麗です。

もちろん、

感性は人それぞれですが
個人的には大好きな映画に
なりました。

とりあえず次は、
グレイテストショーマンが
見たいですね(笑)

全然話題作見れてない



お問い合わせ


ご予約について詳しくはこちら
↓↓↓↓↓↓
ご予約、ご相談

ご予約はLINE@
おすすめさせて頂いてます
各種SNSでもお気軽にご連絡ください。

☆ご予約、ご相談専用LINE@☆
↓↓↓↓↓↓

ご予約、ご相談は
こちらLINE@


animi hair nake
〒619-0231
相楽郡精華町大字山田下川原11-1
たきもとハイツ1F

TEL080-3836-7767

営業時間
平日・土9 : 30〜18:00
日・祝9:30〜16:30
時間外予約も相談可

定休日
毎週月曜 第2、3火曜日

最寄り駅
近鉄山田川駅2分

駐車場の有無
店舗前に2台

EMANON梅田
〒530-0014
大阪市北区鶴野町1-3
安田ビルB1F

TEL080-3836-7767

営業時間
10 : 00〜20:00

時間外予約も相談可

営業日
毎週月曜、第2、3火曜日

最寄り駅
阪急梅田駅3分

駐車場の有無
駐車場はございません
お近くのパーキングにお止め下さい

奈良・大阪で活動
animi hair make/EMANON
ヘアケアカラーデザイナー

奈良と京都の県境「animi hair make」と梅田茶屋町『EMANON』て活動。ヘアケアカラー特化型美容師。ヘアカラー、ヘアケアに特化し髪の毛を綺麗にしながらヘアカラーも楽しんで頂けるような施術を心掛けさせて頂いてます。上質な質感のカラーと明るい白髪染めが得意です。カットは顔周りの似合わせと小顔に見せる質感調整を。来て頂いたお客様に技術はもちろんそれ以外の面でも楽しんでいただき、美容室に来るのがお客様にとって楽しみになるように心がけています。